HOME > 法人概要 - 沿革

法人概要

沿革

  • 昭和44年 7月任意団体宮城県理学療法士会発足(会員数6名)
  • 昭和45年 3月宮城県理学療法士会ニュース創刊
  • 昭和51年 6月第11回日本理学療法士学会開催 テーマ「老人と福祉医療」
  • 昭和55年 4月県内初のPT・OT養成校開設(国立仙台病院附属リハビリテーション学院)
  • 昭和57年11月第1回集談会(現:宮城県理学療法士学会)開催
  • 昭和58年第18回全国研修会開催 テーマ「評価と記録」
    公益事業 仙台市老人保健法機能訓練事業に参加
  • 昭和60年第3回東北理学療法士研修学会開催
  • 昭和63年宮城県理学療法士会創立20周年念式典
  • 平成元年宮城県理学療法士会学会誌「理学療法の歩み」創刊
  • 平成03年11月第9回東北理学療法士学会開催
  • 平成06年 2月第1回宮城県理学療法士学会(集談会改め学会とする)開催
    会員数150名
  • 平成07年公益事業 仙台市高齢者住宅改造相談事業に参加
  • 平成08年11月第1回宮城呼吸リハビリテーション研修会開催
  • 平成09年11月第15回東北理学療法士学会開催
  • 平成10年宮城県理学療法士会創立30周年記念式典
  • 平成12年 4月介護保険制度スタート
  • 平成14年公益事業 第56回国民体育大会及び第1回全国障害者スポーツ大会へのコンディショニングルーム開設
    公益事業 鶴ヶ谷プロジェクトへの参加
    第20回東北理学療法士学会開催
  • 平成16年第39回全国理学療法学術大会開催
    テーマ「病気・障害、そして健康・・・理学療法学の近未来に向けて」
  • 平成17年公益事業 総合型地域スポーツクラブへの支援活動
    会員数500名
  • 平成18年公益事業 国際車いすテニス大会「仙台オープン」へのコンディショニングルーム開設
  • 平成19年公益事業 介護予防健診・介護予防教室へのサポート
  • 平成20年支援活動 岩手宮城内陸地震被災者への支援活動~運動教室の開催
    公益事業 障害者水泳大会への協力
  • 平成21年地域リハ・ケアフォーラム開催
    第27回東北理学療法学術大会開催 テーマ「輝く明日へ~職域を超えて」
    会員数900名
  • 平成21年10月事務所を仙台市泉区泉中央に設置
  • 平成21年11月11日一般社団法人宮城県理学療法士会設立
  • 平成23年 3月東日本大震災を受け、災害対策支援本部を設置
    県内各地で支援活動~運動教室、住環境整備活動等
  • 平成24年会員数1000名
  • 平成26年会員数1200名
  • *全国学会2回,全国研修会1回,東北学会5回,その他150回を超える定例研修会等多数の研究活動を実施
  • *平成12年の介護保険制度開始により,病院主体であった勤務形態から施設在宅分野へと拡大してきた
  • *公益事業や災害支援活動,障害者スポーツや総合型地域スポーツクラブなど活動の対象は大きく広がっている